下田逸郎:いきのね


下田逸郎:いきのね

下田逸郎と内田勘太郎
いきのね

1998年11月21日発売
COLUMBIA:COCP-30207 廃盤


揺蕩

そして満月

スモーキーグレイ

美らフクギの林から

ごいっしょにどうぞ

いちどだけ

裾模様

ビッグバンボレロ

弓矢のように

夜霧よ今夜もありがとう

月のあかり



プロデュース:
下田逸郎&西谷千里
A & R:
山川榮一
エンジニア:
宇野陽一
マスタリング:
保坂弘幸(日本コロンビア)
レコーディング:
堀 晃アトリエ(山口県・湯玉)

ジャケット・コンセプト&原画:
堀 晃
デザイン:
阿部晃久
編集:
櫻本聖子





このアルバムのレコーディングの様子は
ひとひら通信1998年秋号ページをご覧下さい。
下田逸郎と内田勘太郎



内田勘太郎プロフィール:
1954年大阪生まれ。日本を代表するバンドの憂歌団のリードギタリスト。
1975年に「お掃除オバチャン」でデビューするものの<要注意歌謡曲指定Aランク>の評価でリリース一週間で全マスメディアからデビュー曲が姿を消す。
関西を拠点に全国をライヴ活動で廻る。年間に250本を越える年もあった。トリオショーボードレコードから10枚のアルバムを発表。
1982年にフォーライフレコードに移籍し10枚のアルバムを残す。1993年にワーナーミュージックジャパンに移籍。
ピックギターとカルピスの瓶首を使ったスライドギター奏法は勘太郎のトレードマーク。日本を代表するギタリストである。
福岡市の能楽堂で実施された「島唄ナイト」のキャスティングプロデュースを行う。1996年発売「ブルース・デラックス」(10巻組235曲収録)の選曲監修を行う。
1997年、下田通信所よりリリースされたアルバム「あ・そ・び・な」に参加。
下田逸郎殿ライヴも評判を呼ぶ。1998年、初のソロアルバム「マイ・メロディ」(トオン・レコード)リリース。



下田のラブソングが好きだ。

恋を重ねてきた男と女の間に流れる微妙な揺れ、安堵、吐息が

柔らかなエロティシズムに包まれて届いている。

だから下田ワールドに聴き入ると、とても贅沢な大人の恋の世界に浸れる。

いい男のうしろに下田逸郎が居て、いい女のうしろにも下田逸郎が居る、

そんな三角関係がたまらなくいいのだ。

           林 美雄
〜「いきのね」発売時パンフレットより〜



作品集
トップページ プロフィール ひとひら通信 コンサート情報 connection 通信販売

このサイトへのご意見、ご感想、下田さんへのメッセージ等のメールはshimoda@t-chest.jpまでお願いします。
Copyright 1999 下田通信所. All rights reserved.
当ホームページ上で使用されている写真・楽曲等の無断複製、転載、二次使用を禁じます。